日本ボクシング連盟「山根会長」と中小企業社長の共通点とは?

この記事は3分で読めます

 

たろうです(^^)/

 

日本ボクシング連盟の「山根会長」辞任しましたね~~

 

かなり世間を騒がせたニュースでしたが、とりあえずこれで幕がおりた感じですね。

 

最初は「なんだこのおじさん!?」と思いながら見ていましたが、最後のほうは自分で墓穴を掘ってしまいちょっと哀れな感じがしてきました。

 

やっぱり、あれだけの地位を手放すのは誰でも惜しいと思うんでしょうね。

そんな地位になったことないからわからないけど・・・

 

ただ、山根会長がテレビに出て発言を重ねて来るにつれ、「あれ?あの人、私が前に働いてた会社の社長みたい・・・」と重なる部分がいっぱい出てきました。

いわゆる、たたきあげでバブルの頃に個人で儲かって会社を立ち上げた人です。

 

で、気になっていろいろと山根会長関連の記事をみていたら「おもしろい」というか「は~~なるほど・・・」という記事を見つけました。



スポンサードリンク


 

組織の上に立つ人の特徴

 

その記事によると、組織の上に立つ人の特徴として、

●マキャベリアン

●サイコパス

●ナルシシスト

という、「暗黒の三元素」と呼ばれる3つの特質を持った人が相対的に多いといわれているそうです。

 

ナルシシストはなんとなく意味がわかるけど、「マキャベリアン」「サイコパス」ってどんな人なんでしょうか・・・

 

【マキャベリアン】

どんな手段や非道徳的な行為も、結果として国家の利益を増進させるのであれば許されるという考え方の持ち主

【サイコパス】

反社会的人格のことで、良心が欠如している、他者に冷淡で共感力がない、慢性的に嘘をつく、後悔や罪悪感が皆無、自尊心が過大、自己中心的、責任を取らない、狡猾で人を操るという人

【ナルシシスト】

日本では「ナルシスト」と呼ばれていて、自己愛の強い人

 

この3つの特徴だけをみると、ただの「わがままな人」という感じがするんですが、こういう人はこれと同時に外交的で自信家、人を魅了する力を備えている人が多いんだそうです。

『新しい試みに積極的、競争心が強く、脅しや恐怖訴求もいとわず、目的のためには手段を選ばないことから、組織の中で、成功を収める人も少なくない』という記事を見て、ますます前の会社の社長像だな~~(^_^;)と思いました。

 

嫌なところは沢山あったけど「ここは真似したい」とか「人の心理をとてもわかってるな~」とか尊敬できる部分もありました。

 

山根会長のことは、全部知っているわけではないけど、でも、記者会見の様子を見る限りこの「暗黒の三元素」にあてはまる人なんじゃないかな~~とおもいます。

 

「邪悪な3要素」を持ち合わせているかどうかを簡単に測ることができる指標

1. 自分の思い通りになるように、他人を操る

2. 自分の思い通りになるように、人を欺き、うそをついてきた

3. 自分の思い通りになるように、こびへつらってきた

4.自分の目的を達成するために他人を利用する傾向がある

5.良心の呵責、自責の念、後悔などを感じることがない

6.自分の行動の道徳性に無関心だ

7. 無神経で、冷淡だ

8.冷笑的、シニカルである

9. 他人に、自分を崇めてほしいと思っている

10.他人に自分に関心を向けてほしいと思っている

11. 敬意や地位を求める

12. ほかの人から特別扱いされたい

引用 東洋経済オンライン

 

すべてが当てはまるわけではないけど、この指標を見たときに、なんで私の中で山根会長と前の会社の社長が重なったのかがわかった気がしました。

 

そして私はその会社でどう過ごしてきたかというと、

●とりあえず、なんでも「そうですね」と言っておく

●セクハラ・パワハラもとにかく笑ってやり過ごす(反発すると職場の空気がかなり悪くなって結果仕事がやりにくくなるから)

●社長のプライベートなことでも頼まれれば仕事より優先してやる

などなど、とにかく、反論したり逆らったりするとそのあとの逆襲が10倍くらいになって返ってくるので、そうならないように気を使ってましたね。

 

ただ、気に入られてさえいれば、高級なご飯を奢ってくれたり、高級なお土産を買ってきてくれたりと、まあ金に物をいわせる恩恵も受けてきました・・・

なのでなおさら「波風たたせるまい!」と思ってしまいます。

 

結局社長に対して「イエス」と言えない人は「社長の自分なりの正当な理由」というものをつけて辞めさせてしまいます。

辞めないといけないように仕向けます。

「あいつはこういうやつだから辞めさせたり、移動させたりするのは仕方ないだろう」と、みんなに同意を求めます。

「理不尽だな~~」と思っても「そうですね」って言うしかありません。

 

山根会長の側近の人たちもこんな感じだったんじゃないかな~~~と思っちゃいますね。

 



スポンサードリンク


まとめ

 

「権力は人を横柄にする」ことは科学的に証明されているそうです。

 

また「自分に力があると感じたり、特権的な立場を享受するなど、権力を持った人はそうでない人より無礼で、身勝手、そして非倫理的な行動をとりやすい」という研究結果も出ているとか。

 

ただ、それを自分にあてはめられる人はなかなかいなくて、きっとその社長も山根会長のニュースを見ながら「あんなことしてたらダメだろう!」と言ってるんだろうな~・・・と思います。

 

私にも気づいていないだけで自分に当てはまってることがあるかもしれません。

 

「人の振り見て我がふり直せ」

いま一度、自分のことを見つめなおしてみないといけないな~と思ったニュースでした。

 

最後まで御覧いただきありがとうございました(^^)/



スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。