坂口憲二が難病!「突発性大腿骨頭壊死症」とは?治療方法は?

この記事は2分で読めます

 

たろうです(^^)/

 

今日はテニスの試合でした。

最近お年頃のせいか、試合中によくコケるのですが、今日はコケなかった(^^)

 

結果は1勝2敗でしたが、試合内容は良かったので満足の1日でした。

 

で、その試合結果を友達にメールしていたらビックリなニュースが!!

 

坂口憲二さんが難病で芸能活動休止!?

 

難病ってなに?命に別状はないの?

 

気になったので調べてみました。



スポンサードリンク


 

突発性大腿骨頭壊死症とは?

 

 

「突発性大腿骨頭壊死症(とくはつせいだいたいこっとうえししょう)」とは太ももの付け根、股関節に組み込まれているボールのような形をした骨(大腿骨頭)の組織が死んで「壊死」してしまう病気だそうです。

 

壊死しただけでは痛くないそうなのですが、壊死部分が圧迫されて潰れると痛みを感じるのだとか。

 

なんか、「壊死」とか「潰れる」とか聞くと「大丈夫なの~~??」と思ってしまいますよね (>_<)

 

なんらかの理由で大腿骨頭の周りに血が巡らなくなってしまうことが原因で起こる病気なのですが、「なんらかの理由」とは、ステロイド服用、アルコールの過剰摂取、年齢、性別、凝固異常などが考えられているようです。

 

坂口憲二さんの発症理由はこのなかにあるのでしょうか?

とにかく「痛み」を伴う病気のようなので、辛いんだろうなと思います (>_<)

 

年間2000~3000人が発症し、年代は30~50代が多く、女性よりも男性の患者さんが多い病気のようですが、命に別条はなさそうです。

 

 

治療方法は?

 

 

治療方法は、手術による治療と保存療法の二種類があるそうです。

 

手術は、自分の関節を温存する方法と、人工関節へ置換する方法に分かれます。

 

自分の関節を温存する方法とは、骨を切って、壊死している部分を前方あるいは後方に回転させる手術です。

健常部分で体を支えられるようにすることで、圧潰進行を防止しするんだとか。

 

よく、そんなことを考えるなあと思いました。

医療ってスゴイですよね ( ゚Д゚)

 

人口関節とは、潰れてしまった大腿骨頭を人工の骨頭に取り換えたり、股関節全体を取り換える手術です。

骨切りタイプの手術に比べて入院期間が短かくて済むけど、人工物なので、将来的に再手術が必要となる可能性があります。

 

坂口憲二さんはどの治療方法で治療するのでしょう・・・



スポンサードリンク



 

まとめ

 

 

坂口憲二さんが発症した「突発性大腿骨頭壊死症」について調べてみました。

 

症状の程度はわかりませんが、芸能活動を休止するくらいなので、かなりツライ思いをされていることとおもいます。

 

今は治療に専念して、できるだけ早く活動再開ができるようになってもらいたいですね。

 

最後まで御覧いただきありがとうございました(^^)/



スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。