「天神中央公園」2018花見の有料化予約方法は?予約は絶対必要?

この記事は3分で読めます

 

たろうです(^^)/

 

どんどん暖かくなってきてますね~~~(^^)

私は超寒がりなのに厚着が苦手なので、毎年春が待ち遠しくて仕方ありません(>_<)

 

昨年は「天神中央公園」でお花見をしたのですが、友人が段取りをしてくれたので、ちゃんとした「お花見ゾーン」でお花見をすることができました。

 

実は、天神中央公園は期間や場所によっては、勝手にレジャーシートなどを広げて座っちゃいけないんです。

 

じゃあ、お花見ゾーンでお花見をするにはどうしたらいいんだろう?

手続きは面倒くさくないんだろうか?

 

気になりますよね?

 

ホントに面倒くさいのか、どんな手続きをするのかを調べてみました(^^)/



スポンサードリンク


 

天神中央公園

 

住 所  福岡県福岡市中央区天神1丁目

 

 

天神中央公園は、福岡の中心、天神にある公園で、こんな都会にあるのに、3.1ヘクタールもの広さなんです。

 

ふだんは福岡県民の憩いの場として多くの人に愛されている公園ですが、緊急災害時には緊急避難場所としての目的も持っている心強い存在です。

 

春、約50本の桜が満開になると都会のオアシス感が300%アップします(^^)

 

夜のライトアップされた桜もとってもキレイですよ(^^)/

 

 

天神中央公園のお花見の場所はどうやって予約するの?

 

予約が必要な期間ですが、今年は、 3月22日(木曜日)~ 4月8日(日曜日)です。

それ以外の期間は予約は必要ないですよ(^^)/

 

その1  お花見の日にちと時間を決める

 

まずは、お花見をする日にちと時間帯を決めましょう。

 

システムとしては

利用時間 10:00 ~ 22:00

1区画2時間 500円 (最大4時間2区画まで)

となっています。

 

予約は10:00~ 12:00~ 14:00~ と偶数の時間からの開始のみで、11:00~13:00など奇数の時間からの予約はできないので注意しましょう。

 

日にちと時間帯を決めたら、下記サイトから予約の申し込みをします。

天神中央公園お花見予約

お花見場所案内図

 

その2  申請書を管理事務所に持っていく

 

予約が完了したら、 予約日の1週間前までに「花見利用申請書」と利用料金(1区画2時間500円)を「公園管理事務所」まで持っていきます。

 

申請書だけでなく利用料金も持って行かないといけないので、郵送等で送ることはできません。

 

予約日の1週間まえまでに申請書と料金を持って行かないと、自動的に予約がキャンセルになるので注意してくださいね。

 

花見利用申請書

 

管理事務所は天神中央公園の噴水広場の裏にあります(^^)/

 

申請書の受付時間は  9:00~16:00 です。

平日だけでなく、土日祝日も受付可能です。

 

天神中央公園管理事務所  TEL 092-716-6730

 

管理事務所に申請書と料金を事前に持って行かないといけないのが面倒ですが、それ以外はそこまで面倒ではなさそうですね(^^)

 

 

予約はぜったい必要?

 

最初に言ったように、3月22日(木曜日)~ 4月8日(日曜日)以外は予約は必要ないので、好きな時間に好きな場所でお花見を楽しむことができます(^^)

 

また、「さくら広場」のすぐ横の「芝生広場」からでも十分桜を楽しむことができるので、芝生広場にシートを広げてお花見するのもいいと思います。

そしたら予約いらないですしね(^^)/

 

お弁当を買ってきて、芝生広場のベンチでお花見しながら食べてるひともたくさんいますよ。

 

 

公園使用注意事項

 

●火気厳禁

●騒音厳禁

●ゴミ類は持ち帰ること

●使用後清掃すること

●施設へのいたずらや危険な行為はしないこと

●公園を損傷したら現状回復

●時間厳守

 

 



スポンサードリンク


まとめ

 

お花見ゾーンでお花見をするには予約がいるので、面倒といえば面倒ですが、

場所取りの手間やトラブルがなくていいかな~~とも思います。

 

今日は、天神中央公園のお花見の予約についてまとめてみました。

 

最後まで御覧いただきありがとうございました(^^)/



スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。