「台湾女性選挙ポスター」画像加工しすぎ?画像と動画も!

この記事は2分で読めます

 

たろうです(^^)/

 

今日もいい天気です。

 

集中力があまりいらない流れ作業をするときは、ラジオを聞きながら仕事をするのですが、そんななか面白いニュースが流れてきました。

 

台北の市議会議員に立候補した女性の選挙ポスターがあまりに本人とかけ離れていて話題になっているとか・・・

 

とっても気になったので調べてみました。

 



スポンサードリンク


話題の立候補者は誰?

 

そのかたは、 Wang Zhiya(王致雅)さんという女性。

 

「本人に見えない」「いつ取った写真なのか」「孫娘の写真じゃないのか」など批判を集めているそうです。

 

本人はどんなひとで、加工された写真はどんなものなのか、気になりますよね。

 

 

こんな感じのギャップのようです(^_^;)

 

 

う~~ん・・・・

 

今どきの選挙ポスターは加工されてて当たり前なのでしょうが、これはやはり話題にのぼりそうなくらいの別人感がありますね(^_^;)

 

加工したい気持ちは同じ女性としては、痛いほどよくわかりますが、度が過ぎるとなにごともよくないということですよね。

 

王さんは、この冷やかしへの対応として

「写真加工業者に今後適切な仕事をさせること」「この選挙後にジムに通う」という新たな公約をしたんだとか・・・。

 

でもこれを機に頑張って痩せて、違う意味で話題にのぼるくらい変身できるといいですね(^^)/

 

ピンチはチャンスです!!

 

 

あと、選挙用の動画を見つけました。

 

なかなかインパクトのある動画で、台湾の選挙の大変さがわかる気がしました!

体を張って頑張ってます。

 

 

どこの国でも選挙って大変なんですね~~。

 

ちなみに、日本だと、このくらい違いすぎるポスターだと「虚偽記載」にあたるようです。



スポンサードリンク



 

まとめ

 

台湾市議会選挙の女性立候補者のポスター加工について調べてみました。

 

せっかく立候補したのに、政治手腕ではなく違うことで話題になってしまいましたが、もし当選したら、こんなちっぽけなことを話題にしてしまったと思われるくらい本業で見返してほしいと思います。

 

王さん、ガンバレ!!

 

最後まで御覧いただきありがとうございました(^^)/



スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。