スケスケ展(福岡市科学館)の展示物はどんなもの?期間やアクセスも!

この記事は3分で読めます

 

たろうです(^^)/

 

2017年10月にリニューアルした「福岡市科学館」で「スケスケ展」という展覧会が開催されます。

 

「スケスケ展」という、とても興味がわくネーミングの展覧会。

 

どんな展示物が展示されるのか、どんな内容の展覧会なのか、とっても気になりますよね。

 

そこで今日はこの「スケスケ展」についていろいろ調べてみました。



スポンサードリンク


 

スケスケ展

 

「見えないところを見てみよう」というのが、このスケスケ展のテーマです。

 

様々な生物や物の中身を『スケる(透ける)』を通じて紹介しようという展覧会で、ただ観てまわるだけの展覧会ではなく、感じたり、体験したりできる展覧会です。

昨今、物事が簡略化/不可視化される中、日常気にする機会が少ない中身の状態や仕組みを感じることで「物事に、より関心を持ってもらおう」を狙いとしているそうです。

 

子供だけでなく、大人も楽しめるスペースになっていて、知らないことを知る楽しさがムクムク湧いてくる体験ができるようです。

 

「スケスケ展」は6つのゾーンで構成されています。

●にんげんスケスケ(自分の中がみえる?)

●どうぶつスケスケ(骨でなんの動物かわかる?)

●アクアスケスケ(体が透けている生き物?)

●くらしスケスケ(物の仕組みがわかる?)

●いろいろスケスケ(見えないものを音やにおいで当てる?)

●スケスケスケッチ(絵の中身を想像お絵かきゾーン)

 

場所 福岡市科学館 3階企画展示室

 

会期 2018年7月14日(土)~ 9月24日(月・祝)

 

開館 9:30~18:00(入場は17:30まで)
※7月21日(土)~8月26日(日)は9:30~19:00(入場は18:30まで)

 

休館日 火曜日(ただし7月24・31日、8月7・14・21日は開館)

 

観覧料  一般(高校生以上) 1,000円  小・中学生 600円 

※前売りは一般900円 、小・中学生500円

 

 

どんな展示物があるの?

 

 

 

 

 

 

アクセス方法

 

●福岡市営地下鉄七隈線「六本松駅」からすぐ

●西鉄バス「六本松」バス停から徒歩約1分

 

駐車場

専用駐車場はありませんが、福岡市科学館が入っている「六本松421」という建物に 立体駐車場(181台)があります。

料金は 2時間300円です。

六本松421に入っている店舗で2000円以上の飲食や買い物をすると駐車場が1時間無料になりますが、福岡市科学館は対象外です。

 

駐輪場(429台)

●自転車 3時間まで無料/その後9時間ごとに100円(優先エリア3時間まで無料/その後3時間ごとに100円)

●バイク50cc以下 3時間まで無料/その後9時間ごとに150円

 

 

チケットが当たるかも!(締切2018年7月31日)

 



スポンサードリンク


まとめ

 

「スケスケ展」について調べてみました。

 

なぜかはわからないけど、「スケてる」ってだけでなんだかワクワクしますよね (^^)

 

どんな展示物に出会えるのか、どんな体験ができるのか、いまからとっても楽しみです。

 

最後まで御覧いただきありがとうございました(^^)/



スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。