福岡の大濠公園花火大会はなぜ終了?理由や再開目処も調査!

この記事は5分で読めます

 

たろうです(^^)/

 

衝撃のニュースが流れてきました(>_<)

 

なんと、1949年から始まり、今年の夏56回目を迎えた「大濠公園花火大会」が終了するとのこと。

 

「え?」「なんで急に!?」「ほんとになくなるの?」と多くの人がが思うはずです。

 

中止の理由は?復活はあるの?

と、とても気になったので調べてみました。



スポンサードリンク


 

大濠公園花火大会終了の理由は?

 

終了決定の理由としては

『数年来、観覧者ならびに周辺の安全確保の議論を重ねてきたが、「2019年以降は実施が難しい」と判断した』ということなんだそうですが、理由のひとつには今年2018年の花火大会のときに園児たちが植えた「ひまわり」が踏み荒らされたことも含まれているようです。

あのニュースは本当に心が痛みました。

 

毎年増え続ける観覧客の制御が難しくなってしまったことが原因のようで、会場の収容人員をはるかに超える観覧希望者で周辺道路に人があふれ、街の安全を脅かしていると判断したようです。

規制に反して入場しようとする人や、出入り口以外から会場に侵入を試み負傷して病院に搬送された人など、モラルに反する行為をする人が多くなってしまったことなども終了の理由になっていました。

 

私は今年、初めて「大濠公園日本庭園」で花火鑑賞をしてとてもよかったので「来年も絶対ここで観よう!」と友達と約束したのに、このニュースは本当に残念 (>_<)

 

福岡市民だけでなく、県外からも多くのの人達が訪れていた花火大会だけに、たくさんの人たちがガッカリするんだろうな~~と思います。

 

もうこの花火が観られなくなるんですね~(T_T)

 

 

主催者のあいさつ

 

大濠公園花火大会の主催者である「西日本新聞社」が花火大会終了の理由やいままでのご苦労を発表しているのでご紹介します。

毎年8月1日には「あ、今日は大濠公園の花火大会の日だった!」と思うくらい定着していた行事だけに本当になくなるのは寂しいですが、この数十年、いろいろなご苦労を乗り越えて市民の為に花火大会を開催してくれていたことは本当に感謝です。

 

「西日本大濠花火大会」終了のごあいさつ

 福岡の夏の風物詩として親しまれる弊社主催の「西日本大濠花火大会」は、今年も8月1日夜に行い、多くの市民の皆さまに夜空を飾る大輪の花をお楽しみいただくことができました。誠にありがとうございました。

 戦後まもなく福岡市中央区の福岡県営大濠公園を会場に始めた当大会は、数度の中断・休止を経て今回で56回を数えました。

 半世紀を超す歴史を刻む間に、福岡市は飛躍的な発展を遂げ、大濠公園を取り巻く環境も激変しました。観覧者の増加や急速な周辺開発に伴って、安全な大会運営は大きな曲がり角に来ています。数年来、主催者として観覧者ならびに周辺の安全確保の議論を重ねてまいりましたが、「2019年以降は実施が難しい」と判断するに至りました。楽しみにされる方が多数おられることは重々承知しておりますが、安全確保の観点から断腸の思いで、ここに大会の終了をお知らせいたします。

 長年にわたり、大会運営にご協力・ご支援いただいた関係者、大会を愛してくださった皆さまに心より感謝を申し上げます。

 

「西日本大濠花火大会」は1949年、戦没者の鎮魂と戦後復興を目的に始まりました。まだ戦争が色濃く影を落としていた時期です。翌50年の大会開催を報じる西日本新聞紙面は、緊迫する朝鮮戦争の状況も掲載しています。大会は文字通り、平和と豊かな暮らしを希求する戦後日本とともに歩んできました。

67~78年の間、大会は中断しましたが、福岡市制90年・大濠公園開園50年の79年に復活して以降、大濠公園改修工事(88年)の年を除く毎年開催し、福岡の夏に欠かせない行事として定着しました。多くの方々に愛され、楽しんでいただく大会を主催できたことは、私たちの喜びであり、誇りでもありました。

大会運営は順調な年ばかりではありませんでした。台風接近でやむなく順延した年もありました。天候不順のため、朝から夕方まで開催の有無を尋ねる電話が鳴りやまなかった年もありました。上空の風が強くて花火の形が乱れた年、逆に無風で花火が煙に包まれた年もありました。花火の燃えさしが近隣の施設や住宅に飛散し、きついお叱りを受けたこともあります。毎回課題に悩みながらも、大会を待ち望んでくださる皆さまを思う一心で改善を図り、これまでやり通してまいりました。

市街地の大濠公園で催す大会は、国内で他に例のない「全方向から観覧できる都市の花火大会」でもあります。福岡市の成長や交通網の整備も相まって、会場および周辺に集まる観覧者数は毎年40万人を優に超える規模に膨れ上がりました。一人でも多くの皆さまが観覧できるようにと願い、安全対策に努める福岡県警察や福岡市消防局の指導を仰ぎながら細心の注意を払って大会運営に携わってきました。

それでも、主催者として「安全・安心」の確保に限界もあります。今年は過去最多の警備員、誘導員を投入して場内整理を行いました。出入り口の特設監視カメラも駆使し、危険回避に努めました。混雑具合に応じて細かく入場規制も実施しました。しかし一歩間違えば雑踏事故につながりかねない観覧者の滞留が、随所で発生しました。

規制に反して入場しようとする方、出入り口以外から会場に侵入を試み、負傷して病院に搬送された方もいました。園児や児童が大切に育てていたヒマワリ花壇が観覧者に踏み荒らされるという痛恨の出来事は、会場の収容人員をはるかに超える観覧希望者が殺到している現状の一端だったとも言えます。周辺道路に人があふれ、多数の座り込み観覧が生じていることもパトカーや消防車の緊急出動を妨げかねず、街の安全を脅かしています。

今夏の猛暑も混雑に拍車をかけました。多くの観覧者が開始時刻の午後8時の直前まで公園外で待機し、開始と同時に一気に入場する現象が起きました。誘導員が整理に努めましたが、一時は制御能力を超え、身の危険を覚えるほどの事態に陥ったことも事実です。

幸いにもこれまで、福岡県警察、福岡市消防局、同市交通局をはじめとする運営関係者の努力、観覧者の協力を得て大事故もなく大会を続けることができました。私たちも「何としても大会を維持したい」と、踏ん張ってまいりました。しかし、昨今の現場の混雑ぶりや事故を懸念する数々の指摘、安全対策の限界といった事情を考え合わせると、これ以上の継続は難しいと結論づけざるを得ませんでした。

「西日本大濠花火大会」を愛し、支えてくださった皆さまありがとうございました。皆さまの思いを重く受け止め、私たちはこれからも街ににぎわいをもたらす催しに取り組んでまいります。変わらぬご支援をよろしくお願いいたします。

西日本新聞社 代表取締役社長
柴田 建哉

引用:西日本新聞HP

 

 

大濠公園花火大会の復活はあるの?

 

昨年復活した「シーサイドももち花火大会」は終了してから復活するまでに17年の年月がかかりました。

 

終了の理由は、近隣住民の苦情やスポンサーの減少など様々な理由だったようですが、近隣住民の苦情にはやはりモラルのない人達の増加や収容人数を超える観覧希望者の殺到などが考えられます。

「自分だけならちょっとくらいズルいことをしてもいい」という人たちの蓄積がこういう結果になってしまいました。

 

「大濠公園花火大会」も早く復活してほしいけど、こういう問題をいったんクリアにして仕切り直しをしなければ復活は無理そうです。

 

でも、多くの人たちが楽しみにしていた花火大会なので、私はいつか復活すると思います。

「シーサイドももち」の花火大会のように、形を変えていつか復活してくれることを願っています!

 

 

みんなの反応は?

 

 

 

 

惜しむ声の半面、無くなってよかったという声も・・・

無くなるのは残念ですが、いままで迷惑がかかっていた人がいたんだな~~と改めて知りました・・・

主催者の方のご苦労はこういうところだったのかもしれませんね・・・

 

 



スポンサードリンク


まとめ

 

大濠公園花火大会終了のニュースでした。

 

いままで各地の花火大会で大きな事故が起こってきたので回避のための苦渋の決断なんだろうな~と思います。

 

いままで頑張ってきてくれた主催者や関係者の方々には本当に感謝です。

 

すぐには無理でしょうが、いつか復活してくれることを祈ってます。

 

最後まで御覧いただきありがとうございました(^^)/



スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。