「のこのしまアイランドパーク」花見2018のアクセス方法は?駐車場はどこ?

この記事は3分で読めます

 

たろうです(^^)/

 

読書が苦手な私ですが、今年は本をたくさん読もうと心に決め実践中です。

 

いま読んでるのは、いまさらですが「金持ち父さん貧乏父さん」

 

まだ4分の1くらいしか読んでないのですが、すでに「もっと早く読めばよかった・・・」と思っています。

 

読み終わったら、感想なども載せていきたいと思います(^^)

 

今日は、のこのしまアイランドパークでのお花見で知っておきたいアクセス方法と駐車場を紹介していきます(^^)/

 



スポンサードリンク


のこのしまアイランドパーク

 

場所:福岡市西区能古島

 

 

のこのしまアイランドパーク情報

 

営業時間  平日・冬季 9:00~17:30  日曜・祝日(冬季以外) 9:00~18:30

菜の花・コスモス満開時は閉園時間20:00

 

入園料  大人 1200円  子供(小中学生)600円  幼児(3歳以上)400円

 

遠足といえばのこのしまアイランドパーク。

 

福岡の小中学生で能古島に行ったことがない人はほとんどいないのでは・・・?というくらいメジャーな場所です。

 

ここは、一年中いろんな花を楽しむことができる場所で、桜の時期には菜の花も満開になり、1粒で2度おいしいお花見が楽しめます(^^)

 

アイランドパークホームページより

 

菜の花とコスモスの満開時には営業時間を20時まで延長し、ライトアップされます。

 

ライトアップされてるかどうかはのこのしまアイランドパークに確認してください。

 

のこのしまアイランドパーク 問い合わせTEL 092‐881‐2494

 

また、お花見をしながらバーベキューができる「バーベキューハウス」があり、手ぶらでのバーベキューも食材持込でのバーベキュー(持込料必要)も楽しめます。

 

アイランドパークホームページより

バーベキューハウス

 

 

のこのしまアイランドパークへのアクセス方法

 

のこのしまアイランドパークへ行くには、姪浜渡船場からフェリーで能古島渡船場まで行かなければなりません。

 

姪浜渡船場までのアクセス方法

 

地下鉄空港線

「姪浜」下車 → 西鉄バス「姪浜駅北口」より「姪浜渡船場」下車

 

西鉄バス

「姪浜渡船場」下車

 

マイカー

福岡都市高速「愛宕ランプ」より約3キロ

 

姪浜渡船場から能古島渡船場まで

 

フェリー(約10分)(1時間に約1本)(定員200名)

料金  大人 230円(片道) 小人 120円(片道)

※車両乗り入れ可(搬送料金必要・予約不可先着順・5台または10台まで)

 

海上タクシー(約5分)(随時)

料金  大人 500円(片道) 小人 300円(片道)

 

定員オーバーでフェリーに乗れなかったときや、フェリーにタッチの差で乗り損ねたときなどに便利です。

漁師さんや元漁師さんなどが自分の船を海上タクシーとして出しています。

フェリーと比べるとかなり小さい船なので海面が近くなかなかの迫力です(^^)

市営渡船場の建物横の広場で呼び込みをしています。

 

能古渡船場からのこのしまアイランドパークまで

 

西鉄バス アイランドパーク行(約13分)(1時間に約1本・混雑時臨時バスあり)

料金  大人 230円(片道) 小人 120円(片道)

 

 

駐 車 場

 

姪浜旅客待合所立体駐車(約350台)

 

料金 500円/1日

営業時間 5:00~23:00(日祝6:00~23:00)

 

 

福岡漁協姪浜支所駐車場(約160台)

 

料金 100円/1時間  500円/1 2時間

姪浜渡船場まで少し距離があります(徒歩5~6分程度)

 

 

のこのしまアイランドーパーク駐車場(30台)

 

料金 無料

 

 



スポンサードリンク


まとめ

 

移動がたいへんなため、ちょっと行って帰ってくる・・というわけにはいかない場所ですが、船に乗るという普段なかなかしない経験もでき、非日常を体験するには良いのではないでしょうか。

 

お花見の時期の土日祝は駐車場もフェリーもとても混むので、朝早いフェリー(8時台・9時台)に乗るのをお勧めします。

 

あまり早い船に乗るとアイランドパークのオープンまで暇ですw

 

フェリーの時間の1時間まえには渡船場に到着しておくのが良いでしょう。

 

最後まで御覧いただきありがとうございました(^^)/



スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。