ながさきみなとまつり花火2018穴場スポットはどこ?屋台グルメも!

この記事は3分で読めます

 

たろうです(^^)/

 

昨日は平日にもかかわらず友達と飲んでいたら、話が盛り上がりすぎて終電を逃し、今日はとっても眠い一日でした (T_T)

 

不摂生もほどほどにしないとですね~~(^_^;)

 

さて、今日は昨日に引き続き「ながさきみなとまつり花火大会」の穴場スポットや屋台グルメについて調べてみました(^^)/



スポンサードリンク


 

ながさきみなとまつり

 

長崎の海と港のすばらしさを再認識するお祭り「ながさきみなとまつり」

 

県内外から、約32万人もの人が訪れる大規模なお祭りです。

 

今年は、長崎水辺の森公園・長崎港にて、7月28日(土曜日)7月29日(日曜日)に開催されます。

 

そのなかでも一番の人気イベントが2日間にわたって行われる「花火大会」

 

世界三大夜景と花火をダブル鑑賞できるということで長崎の夏の風物詩となっています。

 

問合せ ながさきみなとまつり実行委員会 TEL 095-822-0111

 

 

ながさきみなとまつり花火大会

 

 

花火大会の日程も、 7月28日(土曜日)7月29日(日曜日)です。

 

時間は両日とも  20時30分~20時50分 となっています。(小雨決行、雨天・荒天時は中止)

 

場所は  長崎水辺の森公園・長崎港 です。

 

 

今年は、28日に音楽花火7000発、29日に世界遺産登録記念花火3000発の 計10,000発の花火が打ち上げられます。

 

 

穴場スポット紹介

 

その1 稲佐山展望台

 

代表的な花火と夜景のダブル鑑賞ができるスポットです。

7月28日29日は、山頂駐車場の利用制限があるので、18:30~22:30は車は中腹駐車場までしか行けません。

18:30より中腹駐車場から山頂駐車場までシャトルバスが運行しているのでそちらを利用してください。

 

 

 

その2 風頭公園

 

こちらも高台なのでよく見えます。

 

 

 

その3  グラバー園

 

意外と混雑していない世界遺産のグラバー園から観る夜景と花火はとても幻想的です。

 

 

 

屋台グルメ

 

屋台は定番のかき氷や焼きそば、お好み焼きやから揚げ、たこやき等に加え、ご当地グルメ、芸能人のお店など約100店舗が出店します。

出店時間は12:00~22:00

 

 



スポンサードリンク



 

まとめ

 

「ながさきみなとまつり花火大会」の夜景と花火がダブル鑑賞できる穴場スポットの紹介と、屋台グルメについて紹介しました。

 

会場で屋台グルメを堪能したあと、夜景スポットに移動して花火を楽しむのもいいかもしれませんね。

 

最後までご覧いただきありがとうございました(^^)/



スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。