「御船山楽園」花見2018のアクセス方法は?駐車場はどこ?

この記事は2分で読めます

 

たろうです(^^)/

 

ちょっと前に「あけましておめでとう」って言ったと思ってたのに、気づけばもう2月の前半が終わろうとしています。

はやっっ!!

年々1年を短く感じていく自分が悲しいです(T_T)

 

でも、まだまだ自分の可能性を探したいので、何歳になっても新しいことにどんどん挑戦し続けていこうと思っています(^^)v

 

今日は、御船山楽園のお花見前に知っておきたいアクセス方法、駐車場情報を紹介していきます。

 

 



スポンサードリンク


御船山楽園

 

場 所  佐賀県武雄市武雄町大字武雄4100

 

 

 

御船山楽園情報

 

1845年に佐賀藩・武雄領主の鍋島茂義が造った庭園で、武雄のシンボル的な場所です。

 

約2000本の桜があり、お花見の時期には県外からもたくさんの人が訪れます。

 

桜まつりの期間は夜間も開園され、九州最大級のライトアップされた桜を観ることができます。

 

年間を通して四季折々の花々を楽しむことができ、桜のあとのつつじと春もみじのライトアップも必見です。

 

花まつり -桜-

開催期間  2018年3月16日~4月8日

開園時間  昼 8:00~18:30  夜 18:30~22:00

休園日   なし(雨天開園)

入園料   昼夜共通:大人(中学生以上)600円、小学生以下250円

 

 

御船山楽園のアクセス方法

 

JRバス

JR「武雄温泉駅」からJRバス「嬉野温泉行き」に乗車 ⇒ 「御船山楽園」下車  約12分

 

タクシー

JR「武雄温泉駅」から約6キロ  約5分

 

マイカー

長崎自動車道「武雄北方インター」より約6キロ

長崎自動車道「嬉野インター」より約10キロ

 

 

御船山楽園周辺の駐車場

 

御船山楽園駐車場(約150台)

料金 無料

 

御船山楽園臨時駐車場

料金 無料

 

御船山楽園の150台の駐車場がいっぱいになると臨時駐車場に案内されます。

臨時駐車場に停めると5分くらい歩かないといけません。

 

行く日の日程や天気、時間帯によって駐車場の空き状況が変わるので、臨時駐車場に誘導されないタイミングで到着するのを祈りましょう(笑)

穴場時間としては、8:00~9:00ですね。

 

運がよければ、たまたま空いたところに停められることもあります(^^)v

ちょっとお天気が悪かったりすると休日でも空いてたりするので、ねらい目かもしれませんね。

 

ちなみに、せっかく行ったのに停められないことってあるのかな?と思って問い合わせたら

「臨時駐車場が満車になって停められなくなる」ということはないそうです(^^)

 

 



スポンサードリンク


まとめ

 

御船山楽園は、平成22年(2010)年2月22日、御船山楽園は、文化庁より国登録記念物に登録されました。

広大な敷地にある木や花々が、四季折々に色づいていろんな表情をみせてくれます。

 

また、ライトアップによる演出で、昼間とは違う景色を観ることもできます。

 

花まつりの時期には混雑必須ですが、それでも、来てよかったと思わせてくれる魅力のある場所です。

帰りに武雄温泉に入って帰るのもいいのではないでしょうか(^^)

 

最後まで御覧いただきありがとうございました(^^)/



スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。