豆柴カフェ(福岡パルコ)の料金は?滞在時間やシステムをチェック!

この記事は3分で読めます

 

たろうです(^^)/

 

福岡パルコの「豆柴カフェ」

すっっっごい人気のようですね~~

 

休日はパルコの開店と同時にダッシュする人がお店になだれ込んで、ちょっと危険な感じにもなっているんだとか・・・(^_^;)

 

せっかく癒されに行ってるのに怪我とかしないように気をつけましょうね。

 

今日は、豆柴カフェの料金や滞在時間、どんなシステムなのかを調べてみました(^^)/



スポンサードリンク


 

豆柴カフェ(福岡パルコ)の料金は?

 

豆柴カフェは福岡パルコの5階にあります。

営業時間 11:00~20:00

 

料金

大人:780円(中学生以上)ワンドリンク付き

小人:580円(4歳~小学生、要保護者同伴)ワンドリンク付き

3歳以下無料(要保護者同伴)※ドリンクは要別途180円

 

この金額設定は高いのか安いのか・・・・

安いと思ってる人が結構多いみたいですね~~

 

 

ちなみに、福岡市博多区の川端商店街の中に「フクロウカフェ」があるのですが、そこは

1時間総入れ替え制(1時間お1人様 ふれあい+ワンドリンク)

ソフトドリンク 1,500円
アルコール 1,700円

ソフトドリンクお子様(1歳~12歳・保護者同伴) 1,000円

という、価格設定になっています。

 

ちょっと高いな~~~という感じもしますが、豆柴カフェは30分なので、1時間にすると約1,500円くらいと同額くらいなんですよね。

フクロウ達のエサ代やお世話代などを考えるとこれくらいの価格設定になってしまうとお店の人が言ってました。

 

フクロウカフェの詳しい内容はこちら↓↓↓

福岡・天神周辺の猫カフェ・フクロウカフェはどこ?癒されたい人集合!

 

 

滞在時間・システムについて

 

滞在時間や入場から退出までのシステムはどんな感じなのでしょうか・・・

 

まず、滞在時間は 30分です。

 

そしてシステムですが、

1.入口でチケットを購入し、入場時間を確認

2.入場時間になったら履き物を脱いで手を消毒してから店内へ

3.注意事項の説明を受ける

4.セルフサービスのドリンクを自販機から選ぶ

5.30分後店員さんから退出を促される

という流れになっています。

 

ネットや電話での事前予約はできず、当日に受付をするまで何時が予約時間になるのかはわかりません。

 

 

 

豆柴カフェで守らなければならないルールとは?

 

「豆柴カフェ」には、訪れた人達が必ず守らなければならないルールがあります。

「豆柴カフェの犬達が可哀そう」というのが話題になるのは、ルールを守らない人が豆柴ちゃんたちのストレスになっているからではないでしょうか。

 

 

 

 

ルールを 守らない人を見て、ストレスに感じている人もたくさんいるようです。

そんなに難しいルールではないはずなので、きちんと守って、豆柴ちゃんたちにストレスがたまらないようにしてあげましょう(^^)/

 

注意事項の内容はこちら↓↓↓

豆柴カフェ(福岡パルコ)予約はできる?抱っこ禁止のルールはなぜ?

 



スポンサードリンク


まとめ

 

豆柴カフェの料金、滞在時間、システムについて調べてみました。

 

私も犬を飼いたいけど住宅の事情で飼えないので、ここに行きたい人たちの気持ちがとってもわかります。

 

30分間ですが、幸せな癒しの時間が過ごせるのは嬉しいですね(^^)

 

最後まで御覧いただきありがとうございました(^^)/



スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。