太宰府竈門神社の紅葉2018の見頃は?混雑状況や駐車場についても!

この記事は3分で読めます

 

たろうです(^^)/

 

朝晩はだいぶ過ごしやすくなってきましたが日中はまだまだ暑いですね~~(>_<)

 

あとちょっとで9月に入るので、この暑さももうちょっとの辛抱です!

 

今年の夏はいろんな花火大会に行けてとっても楽しかったので、秋もおもしろそうなイベントを探していこうと思っています。

 

秋といえばかかせないのが「紅葉」ですよね。

 

今日は、太宰府の竈門神社の紅葉についてご紹介したいと思います(^^)/

 



スポンサードリンク


竈門神社の紅葉

 

竈門神社

 

竈門神社は「縁結び」の神様として親しまれています。

また、「宝満山登山口」としても有名です。

 

紅葉スポットとしてもとても有名で、特に参道の階段周辺は紅葉が集中しているので必見です。

 

11月下旬の週末には「竈門神社もみじ祭り」が開催され、ミニコンサート等が開催されます。

また、11月中旬から12月の初めにかけてライトアップが行われ、昼の紅葉とは違った幻想的な紅葉を楽しむことができます。

 

 

見頃は11月中旬から11月下旬にかけてです。

今年は夏がかなり暑かったので、例年より少し早めに見頃がくるかもしれませんね。

 

せっかく行ったのにまだ色づいてないとガッカリしてしまうので、紅葉の状況を確認してから出かけるのが良いと思います。

 

問合せ  竈門神社 TEL 092-922-4106

 

 

混雑状況や駐車場について

 

紅葉人気スポットなので、色づきはじめるとかなり混雑してきます。

週末ともなると、周辺駐車場はどこも満車になり、車を停めるのにも一苦労するので、やはりお勧めは公共交通機関です。

 

車で行く場合は、平日の早朝が一番お勧めです。

ライトアップをめざして行く場合は駐車場確保に時間がかかるつもりで出かけましょう。

 

竈門神社駐車場 400円/1回 100台

 

 

アクセス方法

 

【公共交通機関】

西鉄大牟田線「太宰府駅」からコミュニティバス「まほろば号」で約10分

※「まほろば号(100円)」は、期間中の土・日・祝は臨時便が運行されます。

まほろば号利用案内

※「太宰府駅」から徒歩では約40分程かかります。

 

【マイカー】

九州自動車道「太宰府インター」から約20分

 

 

前回の様子は?

 

 

 

 

 



スポンサードリンク


まとめ

 

太宰府の「竈門神社」の紅葉についてご紹介しました。

 

写真でこれだけキレイなので本物をみたら感動すること間違いなしです(^^)

 

夏が終わるのはさびしいけど、この景色も待ち遠しいですね。

 

最後まで御覧いただきありがとうございました(^^)/



スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。