長崎諫早万灯川まつり花火大会2018はいつ?アクセス方法と駐車場も!

この記事は3分で読めます

 

たろうです(^^)/

 

早いもので、あと10日ほどで今年の半分が終わります。

 

いつの間にか洋服も半袖になり、日焼けを気にするようになり、最近はなんだか一日が8時間くらいで終わってるんじゃないかと思うくらいです(>_<)

 

これって歳のせいなのかな~~~(T_T)

 

さて、これからの季節、花火大会が目白押しですが、ちょっと変わった雰囲気の花火大会を見つけたので紹介したいと思います。

 

「美しくて悲しいお祭り」諫早万灯川祭りのフィナーレを飾る花火大会です。



スポンサードリンク


 

諫早万灯川祭りとは

 

1957年に発生した大水害の犠牲者の冥福を祈るためのお祭りで、今年で61回目を迎えます。

 

裏山橋から諫早橋までの約1.8kmに2万3000本もの万灯(まんとう)が灯され、眼鏡橋もイルミネーションで飾られます。

 

万灯とは「数多くのともしび」 特に,仏前にともす多くの灯明のことだそうです。

 

そして、なぜ「2万3000本」なのかというと、被災した世帯数を表しているとのこと。

 

これが「美しくて悲しいお祭り」の所以なんですね。

 

 

 

諫早万灯川祭り「花火大会」情報

 

毎年 7月25日に開催されます。

 

今年は水曜日です。

 

雨天の場合は、雨天の場合は26日~30日に延期されますが、今年の延期日はわかり次第更新しますね。

 

時間は  20:00 ~ 21:00

 

場所は、 本明川河川敷(諫早市高城町)で、 約2000発の花火が打ち上げられます。

 

 

ロウソクの灯りと共に上がる花火は普段見る花火とは雰囲気がまるで違いますね。

 

 

アクセス方法と駐車場

 

アクセス方法

 

●JR長崎本線「諫早駅」から徒歩約15分

●長崎自動車道「諫早IC」から車で約20分

 

無料駐車場が用意されますが台数に限りがあり、会場周辺は交通規制が行われ、かなり混雑するので、公共交通機関での移動をお勧めします。

 

 

駐車場(無料)※時間厳守

 

●上山公園駐車場(100台)10:00~22:00

 

●文化会館駐車場(320台)19:00~22:00

 

●中央ふれあい駐車場(100台)常時開放

 

●光江橋下河川敷(300台) 17:00~23:00

 

 

みんなのクチコミ

 

 

 

 

 



スポンサードリンク


まとめ

 

長崎の「諫早万灯川祭り花火大会2018」について紹介しました。

 

万灯とのコラボの花火大会は数ある花火大会のなかでもとても珍しのではないでしょうか。

 

花火と万灯、まさに「美しくて悲しいお祭り」ですね。

 

最後まで御覧いただきありがとうございました(^^)/



スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。