「半分青い」のふくろう商店街の場所はどこ?ぐるぐる定規とは?

この記事は3分で読めます

 

たろうです(^^)/

 

半分、青い。

面白いですね (^^)

 

時代背景が自分と重なるので、小学生の頃のなんだかセピア色というか、1日がと~~っても長く感じていたあの頃を思い出しながら見ています。

今は1日が12時間じゃないかって思うくらい、あっという間に終わってしまってるんですけど(笑)

 

楡野家がある「ふくろう商店街」もなんだか懐かしい景色です。

 

そして今日の話しにでてきた「ぐるぐる定規」も懐かしい。

ぐるぐる回して、キレイなデザインを意味もなくただひたすら製造していました(笑)

 

そんな「ふくろう商店街」がどこにあるのか、そして「ぐるぐる定規」の今も気になったので調べてみました(^^)/

 



スポンサードリンク


「ふくろう商店街」はどこにあるの?

 

「ふくろう商店街」は架空の商店街ですが、ロケ地は岐阜県恵那市岩村町にある 「岩村町本通り」でした(^^)/

 

昭和の時代を再現しなければならないので、いろいろな工夫がされているようです。

 

例えば、電柱。

昭和には当たり前にあった電柱ですが、今は地中に埋め込まれているので、硬い紙で作って立てたそうですよ (^^)

 

あと、鈴愛が生まれた1971年、小学校3年生のときの1980年、そして高校3年製のときの1989年の時代の変化を、商店街にも繁栄させているそうです。

 

車やバイクなどの乗り物や、広告看板の変化、時代の空気感の変化などを気にしながら見るのも楽しいかもしれませんね。

 

セットが組まれる前はこんな感じだったそうです。

セットを組んだらこんな風に変わるんですね!!

観光客が増えて活気ある場所になったのではないでしょうか?

 

 

ぐるぐる定規とは?

 

ぐるぐる定規とは、ペンの先を穴のなかに刺してグルグル回すだけで、すっごく綺麗な模様が出来る定規です。

私は「クルクルデザイン」っていうのをもってたような・・・

作りは単純だけど、考えた人はスゴイな~~~と思います。

 

こんな模様、無駄にたくさん書いてました!! 懐かしい (^^)

 

100均にも売ってるんですね~~ ♪

久しぶりに買ってやってみようかな(笑)

 

「半分、青い。」オープニングイラスト誰が描いてる?アイデアは誰?

「半分、青い。」のタイトルの意味は?主題歌の歌詞の意味も!

 

 



スポンサードリンク


まとめ

 

始まったばかりの「半分、青い。」ですが、時代背景に共感できるので、とっても楽しいです。

 

その頃はなんとも思わなかったことを、ドラマを通じて思い出したりしています。

 

出演者たちもとっても魅力的ですよね (^^)

 

ますます、目が離せませんね。

 

最後まで御覧いただきありがとうございました(^^)/



スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。