秋の九年庵公開2018はいつ?紅葉状況やアクセス・駐車場についても!

この記事は3分で読めます

 

たろうです(^^)/

 

やっと猛暑からは解放された感じですが、まだ昼間は暑いですね(>_<)

 

でも、やっぱり秋は近づいているようで、先日の夜テニスに行ったときに、スズムシが鳴いていました。

 

ちょっと前まではセミの声ばっかりだったのに・・・

 

今日は、もう秋ということで、一度は行っておきたい紅葉の場所、佐賀県の「九年庵」についてご紹介したいと思います。

 



スポンサードリンク


九年庵

 

 

「九年庵」は、数寄屋造りの邸宅及び日本庭園で、 佐賀の大実業家「伊丹弥太郎」が、明治25年から9年の歳月と巨費を投じて建設したものです。

現在は、国の名勝に指定されています。

 

昨年の秋の一般公開は 9日間で6万人を超える人が訪れています。

 

 

問合せ 商工観光課 商工観光係 電話:0952-37-0107

 

 

「九年庵」秋の一般公開

 

●期   間

平成30年11月15日(木)~11月23日(金・祝) 9日間

●時   間

午前8時30分~午後4時まで

●美化協力金

300円(中学生以下無料)

 

午前8時頃から本部テント(もみじの湯駐車場)で入場整理券を配布します。(事前予約不可)

もし、来園者が多すぎて午後4時までに入園できないと判断した場合、整理券の配布が早めに終了されます。

公開期間中の週末(17日・18日)及び祝日(23日)はとても混雑するので、できるだけ早い時間に到着するようにしましょう。

 

入場はツアー客が優先されてしまうので、早く着いたとしてもかなり待たされてしまうこともあるようです。

混雑や待ち時間を避けたい場合は、平日の早朝がねらい目です。

 

 

紅葉の状況は?

 

九年庵の紅葉の状況は、神埼市観光協会のスタッフが日々ブログでお知らせをしてくれています。

こちらで様子を確認して出かけると「まだ紅葉が足りなかった~~(>_<))ということもありませんね(^^)/

 

神崎市観光協会スタッフブログ

 

 

アクセス方法と駐車場について

 

【公共交通機関】

●JR「神崎駅」南口より、臨時バス(昭和バス)に乗車 ⇒ 「九年庵」下車

※臨時バスは公開期間中運行しています(1時間に約2本)

 

●JR「神崎駅」北口より、タクシー(片道約1600円程度)

 

●高速バス

「天神バスセンター」より乗車 ⇒ 「高速神埼」下車 ⇒ 徒歩約20分(約1km)

「佐賀駅バスセンター」より乗車 ⇒ 「高速神埼」下車 ⇒ 徒歩約20分(約1km)

 

【マイカー】

●長崎自動車道「東脊振インター」より約10分

 

駐車場について

臨時駐車場が準備されます。

九年庵に直接行っても駐車できないので注意してください。

 

九年庵臨時駐車場 吉野ヶ里歴史公園 約1000台

 

駐車料金 500円

臨時駐車場からシャトルバスに乗って「九年庵」近くまで移動します。

 

約1000台停められるとはいえ、駐車場はかなり混みます。

特に週末の17日と18日・祝日の23日ははかなり混雑します。

 

JR「神崎駅」北口の駐車場(67台)に停められる場合は、そちらに停めて「昭和バス」で移動するほうがスムーズに移動できるようです。

料金も7時間まで100円、14時間まで200円と格安です。

 

神崎駅北口駐車場 67台 料金:7時間まで100円

 

 

前回の様子は?

 

 

 

今年の九年庵 #紅葉  #九年庵

Hirofumi Satoさん(@hirofumi.sato2630)がシェアした投稿 –

 

 

 



スポンサードリンク


まとめ

 

佐賀県神埼町の「九年庵」についてご紹介しました。

 

最近は海外からの観光客も増加しているので混雑は覚悟しなければなりませんが、日常を忘れられる景色に出会えるはずです(^^)

 

最後まで御覧いただきありがとうございました(^^)/



スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。