2018年「はしか(麻しん)」の脅威とは?対処法と予防についても!

この記事は3分で読めます

 

たろうです(^^)/

 

ゴールデンウイークも終わり、日常が戻ってきましたが、最近、はしか(麻しん)が流行しているようですね。

なんと、この「はしかの流行」はゴールデンウイークと無関係ではないんだとか。

 

「はしか」になるとどうなるの?

対処法はある?

予防はどうすればいいの?

 

と、気になったので、いろいろ調べてみました(^^)/

 



スポンサードリンク


はしか(麻しん)の脅威とは?

 

今回のはしかの始まりは一人の外国人旅行者からだったそうです。

台湾から沖縄に来た30代男性から感染し、沖縄県内で感染者が急増したとのこと。

 

はしかの感染力は最強で、インフルエンザの約10倍の感染力があります。

それは、飛行機の中に1人いると乗っている人全員が感染するくらいの威力なんだそうです。

 

そして、空気感染するので近くにいるだけで感染します。

場合によってはすれ違うだけで感染することも。

 

なんと、はしか発症後に 死亡する人は1000人に1人です。

「マスク」「うがい」「手洗い」すべて効果がありません。

 

日本はかつて「はしかの輸出国」と呼ばれていましたが、2001年に推計約28.6万人が感染し、21人のかたが亡くなったのを機に、2006年に予防接種を2回に義務付けました。

 

このあと患者数が激減し、2015年には排除状態に。

排除状態とは日本由来のウイルスが3年間確認されなかった状態のことで、言い換えると日本がもとで「はしか」になることはないということです。

 

じゃあ「はしか」はどこからくるのと思いますよね。

それは、海外からなんです。

海外から入ってきた「はしか」が、人の移動の多いゴールデンウイークに大都市を中心に全国に広がっているという構造です。

 

と、いうことは、お盆やお正月にも同じようなリスクがあるということですね。

 

年代別では感染者は20代~40代が非常に多く、それは予防摂取に関係があります。

 

2018年現在

5~27歳の人は予防接種2回接種世代で、1歳と小学校に入る前年に接種しています。

28歳~45歳の人は予防接種1回接種義務時代。

46歳以上は任意接種時代なので、予防接種を受けていない人もたくさんいるということです。

 

1回の接種では抗体ができる人は95%、2回接種すると、それが99%になるそうです。

 

では、なぜ任意接種世代の人よりも1回接種世代の人のほうが感染者が多いのかというと、

任意接種世代の人は、お互いに移しあってた世代なので、自然感染している人が多く、自然感染した人は抗体かが高くなるんだそうです。

 

また、高齢者で発症する人は重症化し、合併症を起こすことがあるので要注意です。

 

 

発症までの推移

1.感染して10日~2週間は潜伏期

2.2~4日間 風邪のような症状(発熱 せき 鼻水など)

3.39度以上の高熱&発疹.

 

上記2の時に風邪との違いを見分けるには「口の中に白い斑点があるかどうか」がポイントです。

口の中に白い斑点がある場合は風邪ではなく「はしか」を疑ったほうがいいかもしれません。

ちなみに、口の中に白い斑点ができても痛みはないそうです。

 

 

対処法と予防について

 

「はしか」にかかったかどうかを忘れた人は、 抗体検査を受けるとわかるそうです。

金額は約3000円。

結果がでるまでにおよそ2~3日かかります。

 

対処法も予防も

「ワクチン接種のみ」

これだけしかありません。

 

ワクチンは

はしかワクチン 5000円弱

はしか・風疹混合ワクチン 10000円弱

 

2回接種していても免疫が不十分な場合があるので3回目を摂取するにこしたことはないそうです。

 

1回感染発症すると基本的に免疫維持するといわれていて、

昔は「はしか」の人にわざと移してもらうことがあったようですが、これは絶対にダメ!!

 

1000人に1人の死亡率を考えるとリスクが高すぎるし、せっかくワクチンを開発して予防接種で排除してきた意味がなくなってしまいます。

 

また、絶対にかからない方法はなく、0歳の赤ちゃんと妊婦さんは予防接種が受けられないので、感染しないように最大の注意を払う必要があります。

 

厚生労働省は、日本で「はしか」が排除状態になってから、今が最も流行しているので、今後感染者が拡大すると考えているそうです。



スポンサードリンク



 

まとめ

 

いま、流行中の「はしか」についてまとめてみました。

 

日本では排除状態でも、海外からの人の入国でで感染はあり得るので、予防接種はしておいたほうがいいですね。

 

最後まで御覧いただきありがとうございました(^^)/



スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。